上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


エアカナダにご搭乗のお客様は、以下の点にご注意下さい(*^-^*)
ウィンタースポーツを楽しまれる方の多いカナダ・・・
スノボー、スキーなどをお預けになる際には、事前予約が必要と
なりましたのでご注意下さい。

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合せ下さい。
※エアカナダHPからの情報を抜粋しています※

【エコノミー・クラス】
お一人につき手荷物2個まで無料です。

無料手荷物許容量を超えますと、空港カウンターで超過手荷物として
超過手荷物料金がかかります。
また、重さが32kg(70ポンド)を超えるもの、3辺の長さの合計が292cm(115インチ)を
超えるもの、高さ(長さ)が203cm(80インチ)を超える手荷物は、受託手荷物として
お預かりすることはできません。
エアカナダ荷物表


【スポーツ用手荷物】
スキー、スノーボード、ホッケーのスポーツ用手荷物を携行される方は、
予約時にご登録をお願い致します。
事前登録は、お客様のご予約先、エア・カナダコールセンター、旅行代理店にて
承ります。

お客様がチェックインに先立って事前登録されますと、下記の特典があります。
スキー靴、スノーボードブーツ、ホッケースティック:
無料手荷物許容量の個数を超えた場合の超過手荷物料金の免除
スキー板、スノーボード板、ホッケースティック、ホッケー用具バッグ: 
無料手荷物許容量のサイズを超えた場合の超過手荷物料金の免除
エアカナダスキー&スノボ


事前登録における特典についての注意事項:
超過個数手荷物料金の免除は、ホッケースティックの場合2本までで
テープでまとめてある場合に限ります。
スキー靴、スノーボードブーツは、スキー板、スノーボード板とは
別に梱包されていても1式とみなします。
重さが23kg(50ポンド)、3辺の長さの合計が158cm(62インチ)まで
という制限があります。
この制限を超えるものには超過サイズ/重量手荷物料金がかかります。

スキー板、スノーボード板、ホッケースティック、ホッケー用具バッグには
超過サイズ手荷物料金の適用が免除されます。 
(ホッケー用具バッグは、ホッケー用具の輸送目的にご使用の場合のみで、
洋服を一緒に梱包することはできません)
重さが32kg(70ポンド)を超えるもの、3辺の長さの合計が292cm(115インチ)を
超えるもの、高さ(長さ)が203cm(80インチ)を超えるものは、受託手荷物として
お預かりすることはできません。

スキー、スノーボード、ホッケーのスポーツ用手荷物の事前登録を
していらっしゃらないお客様は、出発日当日、空港でのチェックインの際、
個数およびサイズオーバーに対して超過手荷物料金が適用されます。
事前登録を済ませていないお客様が、別々に梱包されたスキー、スノーボード、
ホッケーの各用品を受託手荷物としてお預けになる場合は、それぞれ1個の
手荷物とみなされますのでご注意ください。

スポンサーサイト

日本の電圧が100Vで統一されているのに対し、海外で使われている
電圧は全て110V以上になりますので、電化製品によっては変圧器を
持って行かれることをオススメします(*^-^*)

【アメリカ】
『電圧』120V
『プラグの種類』A
アメリカ

【カナダ】
『電圧』120V/240V
『プラグの種類』A、BF
左からA、BF

【オーストラリア】
『電圧』240V/250V
『プラグの種類』O
オーストラリア

【ニュージーランド】
『電圧』230V/240V
『プラグの種類』O、C
左からO、C

【バリ島】
『電圧』110V/220V
『プラグの種類』A、B3、BF、B、C
左からA、B3、BF

左からC、B

【シンガポール】
『電圧』115V/230V
『プラグの種類』A、B3、BF、B、C
左からA、B3、BF

左からC、B

【台湾】
『電圧』110V/220V
『プラグの種類』A、C、O
左からA、C、O


※国の事情、ホームステイ先やホテルなどによってもプラグの形状が
異なりますので、お買い求めになる前にお問い合せ下さい。


※プラグのお値段は1個200円前後から、複合タイプで1000円前後です。
ご利用になられる用途に合わせてお買い求め下さい。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。