上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日本の電圧が100Vで統一されているのに対し、海外で使われている
電圧は全て110V以上になりますので、電化製品によっては変圧器を
持って行かれることをオススメします(*^-^*)

【アメリカ】
『電圧』120V
『プラグの種類』A
アメリカ

【カナダ】
『電圧』120V/240V
『プラグの種類』A、BF
左からA、BF

【オーストラリア】
『電圧』240V/250V
『プラグの種類』O
オーストラリア

【ニュージーランド】
『電圧』230V/240V
『プラグの種類』O、C
左からO、C

【バリ島】
『電圧』110V/220V
『プラグの種類』A、B3、BF、B、C
左からA、B3、BF

左からC、B

【シンガポール】
『電圧』115V/230V
『プラグの種類』A、B3、BF、B、C
左からA、B3、BF

左からC、B

【台湾】
『電圧』110V/220V
『プラグの種類』A、C、O
左からA、C、O


※国の事情、ホームステイ先やホテルなどによってもプラグの形状が
異なりますので、お買い求めになる前にお問い合せ下さい。


※プラグのお値段は1個200円前後から、複合タイプで1000円前後です。
ご利用になられる用途に合わせてお買い求め下さい。

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。